ニキビの薬の使い方について

なかなか治らないニキビで悩んでいるという人も多いでしょう。塗り薬を使うことで改善できるのですが、市販されているニキビ薬といってもたくさんの種類がありますし、どれを使ったらよいのか迷ってしまうかもしれません。

おすすめの商品について知りたいと言う場合、口コミやランキングサイトなどを参考にすると良いでしょう。値段だけでなく効果や使いやすさ、即効性なども確認して選んでいくことがポイントです。

 

また、思春期ニキビに薬を塗る場合は正しい塗り方を知っておくことも大切です。

間違った使い方をすると効果が出ないこともありますし、逆効果となってしまうこともあるので注意しましょう。基本的に薬は朝と夜の2回塗る必要があり、化粧水などを使っている場合はそれを先に使ってから塗るようにします。

まずは洗顔をして肌を清潔な状態にすることが大切であり、手もしっかりと洗っておきましょう。

 

ニキビ部分に薬を塗ることになりますが、たくさん付けすぎると毛穴をふさいでしまうため、少しだけ塗ることがポイントです。

赤ニキビに塗るならその部分を中心に塗り、それ以外の部分には付かないようにしましょう。薬によっては保湿効果があるものもあるため、その場合は全体に薄く塗ると良いかもしれません。

 

初期ニキビには最低でも3日、赤くなっている場合は1週間は使うようにしましょう。

気が向いた時に塗っても効果が出ないため、正しい使い方を守ってケアを続けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です