入れ歯に悩む人は横浜の専門歯科へ

 

入れ歯は、虫歯や歯周病で歯をなくしてしまった後の治療の選択肢のひとつです。入れ歯にはいろいろなタイプがあり、健康保険適用に治療から自費治療までタイプはさまざまです。横浜の専門歯科には、ずっと前に受けた入れ歯治療が痛い・噛みにくい・音が鳴るといったいろいろな悩みを抱える方が多く来院しています。

例えば保険治療の場合、残っている健康な歯にバネや留め具を掛けて固定するタイプが主流です。こうした治療では、バネや留め具を掛けた歯に大きな負担があり痛みや違和感の原因になってしまうことが少なくありません。また歯に不自然な力が掛かり続けることにより、歯並びや噛み合わせが次第に変化して音が鳴ったり違和感・痛み、うまく噛めない・発音に支障があるといった悩みが生じているケースもあります。

横浜の専門歯科では、噛んだり発音が天然歯のように快適にでき、見た目もきれいな自費治療も行っています。自費治療では留め具やバネを使わないタイプの入れ歯治療も可能で、違和感や痛みが少なく、見た目の審美性にも優れているのが大きな特徴です。

横浜の専門歯科では、治療前の検査を大変重要視しています。それは、噛み合わせや歯並びの検査を精密に行うことで痛みや違和感の少ない、また見た目のきれいな治療が可能となるからです。横浜の入れ歯専門歯科では、治療前の検査にデンタル専用のCTを使っています。

デンタル専用CTを使うと口腔内の立体画像撮影が可能で、患者さんひとりひとりに最適なオーダーメイドの入れ歯制作が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です