新宿で入れ歯の定期検診が出来る歯科?

日本人が歯を失くしてしまう原因のトップは、虫歯と歯周病です。歯を失くしてしまうと、その歯と咬合する歯にトラブルが発生する可能性がありますから噛み合わせを調整するという意味でも治療が必要です。

入れ歯は、歯を失くしてしまった後の治療の選択肢のひとつです。ここで、加齢に伴う現象のひとつとして歯茎や顎の骨の吸収があります。これは歳とともに誰にでも起こる現象で、健康状態とは無関係に歯茎や顎の骨が吸収されてやせていきます。その吸収は、年間で0.2ミリ前後と言われています。

入れ歯の治療後、最初は具合がよかったのに当たると痛みを感じるようになったというのは、歯茎や顎の骨の吸収が原因のひとつになっています。経年による口の中の変化や、入れ歯そのものの摩耗によって少しずつ入れ歯が合わなくなって不快感や違和感を感じることがあります。

合わなくなった入れ歯をそのまま使い続けていると、周辺の歯や歯茎、顎の関節などに負担がかかり続けて口内炎や歯肉炎、顎関節症などいろいろなトラブルを起こしてしまう可能性があります。トラブルを未然に避けるためには、定期検診が必要です。

新宿の入れ歯専門の歯科クリニックでは、患者さんの状態に合わせた適切な間隔での定期検診を奨めています。定期検診では汚れを取り除いて口臭を防ぐための処置などもしますので、快適に噛める時でも定期的な受診が必要です。新宿の専門クリニックでは、定期検診の際に歯周炎や歯肉炎のチェックや顎の骨の状態を検査しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です